共創に必要な価値観

成功している共創には4つのタイプ、5つの特徴があるといわれています。

市場に新たな価値を生み出す鍵といわれている「Co-Creation (共創)」。この言葉自体を使わなかったとしても、ネットをはじめ様々なシーンで共創が行われています。では実際、どのような共創が存在するのでしょうか。そして、成功している共創には共通した特徴があるのでしょうか。アムステルダムのコンサルティング会社 Fronteer StrateryCO-CREATION’S 5 GUIDING PRINCIPLES という6ページのホワイトペーパーを公開しています。この資料では、4つの共創タイプ、5つの特徴を紹介しています (PDFダウンロード)。資料には該当する企業やプロジェクトも紹介しています。以下に簡単な要約をまとめておきます。

4つの共創タイプ

専門家のクラブ
プロセスによって選ばれた参加者によりアイデアが生まれる。質が何よりも重要
群衆
別名クラウドソーシング。多くの人が参加することにより新たな価値を生み出す
連合
様々な団体やグループが協力しあうことにより大きな問題にソリューションを提案する
善意によるコミュニティ
より大きな善のために似たような趣向と考えをもった人々が集まりゴールに向かって一緒に作る

5つの特徴

参加を促す
何をもたらすのか伝え挑戦に参加してもらう
最高を選ぶ
今日立ち向かう問題に最高の人を集め、最高のアイデアを導き出す
クリエイティブを繋げる
オンライン、オフライン関係なく人々がアイデアを共有しやすくする
結果を共有する
参加者への還元
発展の持続
長期プロセスであるからこそ、よい結果を生み出す

筆者について

Photo of Yasuhisa Hasegawa

組織の一員となるスタイルで一緒にデザインに関わる課題を解決するといった仕事をするなど、チームでデザインに取り組むためのお手伝いをしています。各地でデザインに関わる様々なトピックで講師をしています。