ありがとう、Steve Jobs

僕にとっての Steve Jobs は、勇気のある人であり闘う人。誰もが Steve Jobs のように世界を変えることは出来ないでしょう。ただ、何かを変えるということは、たとえ自分の職場という小さな世界でさえ、大きな勇気と闘う力は必要だと思っています。彼はそれに気付かせてくれるインスピレーションを与えてくれた人です。

私が最初に Mac に触れたのは、PowerPC Mac で 1994 年のことです(どのモデルかは記憶にないです)。アメリカに留学中のときにホストファミリーが購入したもので、時々触っていました。学校にはブルースクリーンが目に刺さる IBM のパソコンしかなかったので、Mac のやさしさを感じるインターフェイスは驚きでした。当時はどこか人を寄せ付けない雰囲気をもっていたパソコンでしたが、Mac には逆に人を引きつける『何か』があったのは今でも覚えています。用事がないのについ立ち上げてしまう・・・そんな存在でした。

その後、Mac は私の中では遠いあこがれの存在でした。iMac が登場したことで、高価で手の届かない Mac という印象はだいぶなくなったものの、踏み切る理由を見つけることが出来ず Windows を使い続けていました。

転機になったのがデザイン学科を専攻したことと、プロスペックの Mac を低価格で購入することができる Power Mac G4 Cube が登場したこと。わずか1年で生産終了した Cube ですが、自分のキャリアをスタート出来たのも、Apple という会社の魂に触れることができたのも Cube のおかげです。アメリカで購入しましたが、帰国の際わざわざ輸送して使い続けた思い出の Mac。あれから機種は何度も変えましたが、そのときからずっと Mac を使っています。

その間に、Apple は私の音楽生活を iPod によって激変したり、モバイルの新しい付き合い方を iPhone や iPad を通して教えてくれました。

学生のときから常に私に何かを訴え続けていた Apple 製品の生みの親 Steve Jobs が 10月5日に亡くなりました。Apple ファンであれば、誰でも考えたことであろうこの日。けど、まさかこんなに早く来るとは想像していなかったかもしれません。

僕にとっての Steve Jobs は、勇気のある人であり闘う人。
Apple のシンプルは、製品や UI だけでは成し遂げることが出来ません。サービスだけでなく業界そのものを巻き込んだムーブメントを設計したことがシンプルに繋がっていると思います。普通の人であれば、そこまで大きなスケールで考えて設計することはまず考えないでしょうし、大きなリスクであると批判するでしょう。常識・無難という考え方に常に疑問を投げかけ、ニーズに応えるのではなく、ニーズに気付かせるデザインをしつづけたところが他のテクノロジー会社との大きな違いだと思います。こうした「Think Different」は、反対勢力と困難があることを承知で実行するという勇気が必要だと思います。そして、最後まで諦めずに闘う力があるからこそ形になっているのではないでしょうか。

彼の人生をみてもそうでしょう。癌になっても他界する直前まで自分のビジョンのために闘い続けることは勇気以外なにものでもないと思います。

誰もが Steve Jobs のように世界を変えることは出来ないでしょう。ただ、何かを変えるということは、たとえ自分の職場という小さな世界でさえ、大きな勇気と闘う力は必要だと思っています。彼はそれに気付かせてくれるインスピレーションを与えてくれた人です。

アメリカにいた当時、ある教育関連のカンファレンスに参加したことがあります。目的は、当時 Apple が開発していた PowerSchool のプレゼンをしに来た Steve Jobs を見にいくためです。私が座っていた席からでは Steve Jobs は豆粒のように小さくスクリーンを通してでしか確認することが出来ませんでした。

近づいたと思っても限りなく遠い存在・・・それが Steve Jobs なのかもしれません。Apple 製品を通して常に私たちの近くにいる存在であると同時に、私たちより何歩も先を見ている近寄り難い人。あのカンファレンスで見た Steve Jobs の距離感が彼の存在そのものを表していたのかもしれません。

ずっとこのまま遠い存在だと思います。それでも彼のように勇気をもって闘うということで、自分の世界に何か変化をもたらすことが出来ればと思います。

ありがとう、Steve Jobs。

Apple

筆者について

Photo of Yasuhisa Hasegawa

組織の一員となるスタイルで一緒にデザインに関わる課題を解決するといった仕事をするなど、チームでデザインに取り組むためのお手伝いをしています。各地でデザインに関わる様々なトピックで講師をしています。