Bad Usability Calendar 2009

Netlife Researchが、毎年ユーザビリティの観点でやってはいけない項目を「Bad Usability Calendar」というカレンダー形式でまとめています。2005年から続いており、2009年版も今月初めにリリースされました。年々、翻訳される言語が増えているのですが、今回は「LOLspeak」なんてちょっと変わった系統まで用意されています。 去年カレンダーを日本語訳したのですが、今年もやってみました。既に日本語版も PDF 形式でダウンロードすることが出来ます。今回は以前よりさらにウェブアプリケーション向けという印象があります。Tips だけでなく話の話題になりそうなトピックも扱っているのも良いですね。英語ですが、細かいキャプションとかちょっと笑えるところもあります(残念ながらそこまで翻訳出来なかった・・・)。 余談ですが、去年撮ったこの写真が、Bad Usability Calendar のフォトコンテストで入賞しました。この写真をはじめ、世界中の方が使っている様子をマップで見ることが出来ます。これはこれでおもしろいプロモーション方法かも。

bad usability badNetlife Researchが、毎年ユーザビリティの観点でやってはいけない項目を「Bad Usability Calendar」というカレンダー形式でまとめています。2005年から続いており、2009年版も今月初めにリリースされました。年々、翻訳される言語が増えているのですが、今回は「LOLspeak」なんてちょっと変わった系統まで用意されています。

去年カレンダーを日本語訳したのですが、今年もやってみました。既に日本語版も PDF 形式でダウンロードすることが出来ます。今回は以前よりさらにウェブアプリケーション向けという印象があります。Tips だけでなく話の話題になりそうなトピックも扱っているのも良いですね。英語ですが、細かいキャプションとかちょっと笑えるところもあります(残念ながらそこまで翻訳出来なかった・・・)。

余談ですが、去年撮ったこの写真が、Bad Usability Calendar のフォトコンテストで入賞しました。この写真をはじめ、世界中の方が使っている様子をマップで見ることが出来ます。これはこれでおもしろいプロモーション方法かも。

筆者について

Photo of Yasuhisa Hasegawa

組織の一員となるスタイルで一緒にデザインに関わる課題を解決するといった仕事をするなど、チームでデザインに取り組むためのお手伝いをしています。各地でデザインに関わる様々なトピックで講師をしています。