境佑司さんとフラグメンテーションをテーマに対談をしました

過去10年くらいに登場したモバイル機器を並べながら行われた今回の対談。デバイスや情報のフラグメンテーション(分断)をテーマに様々な分野に足を踏み入れて話をした1時間半。

対談が続いている Podcast 「Automagic」ですが、今回は音声、映像、テキストで幅広い情報を配信している境佑司さんとの対談。今年で2回目になります。2月に境佑司さんと対談をしたときは、電子書籍や今後のWeb制作をしている人が入れる領域について話をしました。今回は、デバイスや情報のフラグメンテーション(分断)をテーマから入り、いつの間にやらゲームの話までしてしまうというという内容。1時間半くらい話していたのですが、アッと言う間に時間が過ぎ去ってしまいました。

机に並ぶタブレット・携帯電話・ポータブル機器

過去10年くらいに登場したモバイル機器を並べながら行われた今回の対談。Android で起こる統一感のないインタラクションやインターフェイス、Webアプリとネイティブアプリの違いとニーズ、タッチインターフェイスの難しさや、共通しないジェスチャーインタラクションなど・・・。Web というひとつの世界観があるものの、分断・細分化がデバイス、ソフトウェア、サービスのレベルで起こってきています。これは果たして良いことなのか、進むべき道なのか、違うのであればどうしたら良いのかという話題にも触れています。

前半3回分は境さんのポッドキャストで。そして後半3回分を私のポッドキャストで公開されています。以下のリストから順に聴くことが出来ます。

  1. 日本モバイル業界への展望:新しい書籍のカタチ(227)
  2. Androidのもつ課題:新しい書籍のカタチ(228)
  3. ユーザーのフィードバックによる改善:新しい書籍のカタチ(229)
  4. ネイティブアプリの強み:Automagic #11
  5. タッチ UI の特異性:Automagic #12
  6. ゲームのUIとデザイン:Automagic #13

Feed は公開されているので、興味がある方はぜひ購読してみてください。iTunesへ追加する場合はこちらのリンクが便利です。

筆者について

Photo of Yasuhisa Hasegawa

組織の一員となるスタイルで一緒にデザインに関わる課題を解決するといった仕事をするなど、チームでデザインに取り組むためのお手伝いをしています。各地でデザインに関わる様々なトピックで講師をしています。