デザイン

リリース時にすべての UI ステートをカバーすることは困難ですし、我々人間が把握できる数には限りがあります。全て作れなかったとしても、状況を把握できる視覚化・明文化はしたほうが良いでしょう。