デザイン

ユーザーに価値提供しているかを計測するための指標を設定して、感覚的な話ではなく課題解決のためのデザインの会話ができるようにしましょう。