言葉

デザイナーが「課題解決する人」より「感性を活かしてモノ作っている人」というイメージが先行してしまうのも、私たちの伝え方が同業者同士とそれ以外と関係なく同じようにコミュニケーションしているからかもしれません。