UX

人はどう学習し続けられるのかを理解することで、「使いやすさ」と「使い勝手」の両立を成し遂げることができるでしょう。