LOSTエイリアスで知られている J.J.ブライムスの新作 TV シリーズ。Fringe Science (非主流科学) を題材にしたサスペンスで、ちょうど X-Files とトワイライトゾーンを足して2で割ったようなイメージです。LOST の第一話は本物の飛行機を爆発させるなど映画のようなセットと製作費用で話題になりましたが、Fringe の第一話はそれを超える 1000万ドルを費やしたそうです。数々の壮大なセットやアクションシーンは映画そのもので、TVドラマを見ているとは思えなかったです。

J.J.ブライムスが関わっているということもあり、連鎖反応のように謎が出現しては解明されていく展開が続き、最後にはどんでん返しがあるなど、エンターテイメント性が高いストーリーに仕上がっていました。どこかで見たような設定であっても楽しませる内容になっているのも彼の技なのかもしれません。もちろん、結局この一連の事件はどのように繋がっていくのか、登場人物の過去にはどのような秘密があるのかといったシーズン全体の謎もちゃんと残して第一話は終わります。

LOST の場合、複数シーズンを通して見ないとおもしろさが分からないですが、Fringe の場合は1話完結の事件が発生するので、謎が多いとはいえ比較的軽く見れる内容です。会話もちょっとしたジョークが所々にあるのでオカルトっぽいのに軽い雰囲気があります。

第一話ということもあり、世界感や登場人物の紹介が大部分を占めてしまうとは仕方ないですけど、LOST の第一話を見たときのような、とてつもなく大きな謎も、早く続きが見たい!と思えるような要素もなかったのが残念。エンターテイメント性は高かったですが、いろいろ詰め込み過ぎた部分もあってペースがつかみ難いところもありました。

TVシリーズなのでシーズンを通さないと評価しにくい部分はありますが、J.J.ブライムスが製作しているということで期待が高まり過ぎてかえってガッカリしてしまう部分もあったと思います。まだ、Fringe 自体のスタイルが掴めていないところもありますし、ストーリーもこれからという部分もあるので今後期待ですね。番組に登場する企業のウェブサイトも既にあるので、こうしたウェブでの展開も楽しみです。