UXの学習に知識整理が欠かせない理由

日々の生活や仕事のなかで見つけた『引っ掛かり』から学びを広げていけば、次第に自分にしかなれないデザイナー像が形成されるはずです。

Recent Stories
調査

リサーチに欠かせないインサイトって何?

「洞察」「深い理解」という意味が含まれたインサイト。発見した情報を集めたあとに行う3つのステップを踏んで少しずつインサイトに近づけるようにすると良いでしょう。

感情移入の邪魔をするエンパシーギャップに注意

「自分だったらそんなことはしない」と思ったらエンパシーギャップの可能性があります。デザイナーであれば自分がつくった成果物を過大評価してしまうエンパシーギャップがあります。

ユーザー調査に必要な分析の「はじめの一歩」

決めるためのヒントにユーザー調査にあるデータは参考になりますが、周りが消化しやすいように整理するのは調査する人の仕事です。

Popular Stories
コンテンツ

デザイナーでも始められるコンテンツ戦略

コンテンツ戦略を実践するには運用や・管理まで含み込まないといけなくなります。しかし、そこからやらなくてもデザイナー発でボトムアップで始められることもあります。

UXライティングとコンテンツ戦略の密接な関係

ライティングを直しているだけだと負債の要因になりますし、工程・運用まで踏み込まなければ、組織全体で改善していこうという動きになかなかなりません。

ラベルデザインから読み解くコンテンツ設計の課題

時にはビジュアルデザインよりコンテンツのほうが制約が多く、人間関係も複雑です。コンテンツ制作・運用に関わる質問をつかって視覚化しておくと『攻め方』が見えてきます。

Podcast

Automagic Podcast は、隔週火曜日に更新中。Web やアプリの設計・開発に携わる様々な方と対談をしています。

#291 まず顔出してみたら良いんですよ(高見知英さん)

Photo of Yasuhisa

長谷川恭久はコンテンツと利用者体験のデザインをしています

Webサイトやアプリの設計や運用のサポートに携わるデザイナー / コンサルタント。日本各地でデザインに関する様々なトピックを扱った講演やワークショップを行っている。
著書に『Experience Points』『Web Designer 2.0』など。

メール