デザイン指標から価値を伝えてみよう

ユーザーに価値提供しているかを計測するための指標を設定して、感覚的な話ではなく課題解決のためのデザインの会話ができるようにしましょう。

Recent Stories
コンテンツ

ラベルデザインから読み解くコンテンツ設計の課題

時にはビジュアルデザインよりコンテンツのほうが制約が多く、人間関係も複雑です。コンテンツ制作・運用に関わる質問をつかって視覚化しておくと『攻め方』が見えてきます。

Q&A 文章のトーン&マナーや文章構造で気をつけていること

構造を意識することは情報設計において重要なことです。しかし、誰でも持っているスキルではありませんし、周りへの啓蒙も必要になります。考え方だけでなく、課題共有するためのツールを揃えていくことがコンテンツ品質改善の第一歩になります。

Q&A 運用の重要性を伝えたい

運用を本格的に実践しようとすると、やることが多過ぎて始めることすらできなくなります。運用における小さな施策でも良いので、「こういう効果がある」と言えることから初めてみるのはいかがでしょうか。

Popular Stories
UX

調査を当たり前にするための第一歩

日常では『当たり前』と呼べる調査という行為。せっかく定性調査をしても身近に感じてもらえなければ、調査をワークフローの一部として導入するのが難しくなります。

デザイナーも知っておきたい数字との付き合い方

デザイナーであったとしても、数字と向き合う必要があります。デザインやユーザー体験をすべて数字にして評価することはできませんが、ビジネスサイドと価値共有するために必要にして十分な数値化が求められています。

日本の新聞サイトから学ぶパフォーマンスの現在

パフォーマンスはデザイン、エンジニアリング、ビジネスすべてに関わる重要な課題。デザイナーの仕事が利用者体験を向上することであれば、パフォーマンス向上にも取り組まなければいけませんし、デザイナーから提案できるパフォーマンス改善もあります。

Podcast

Automagic Podcast は、隔週火曜日に更新中。Web やアプリの設計・開発に携わる様々な方と対談をしています。

#231 竹田哲也さん(Studio Opt)

Photo of Yasuhisa

長谷川恭久はコンテンツと利用者体験のデザインをしています

Webサイトやアプリの設計や運用のサポートに携わるデザイナー / コンサルタント。日本各地でデザインに関する様々なトピックを扱った講演やワークショップを行っている。
著書に『Experience Points』『Web Designer 2.0』など。

メール