なぜダメなデザインが生まれるのか

「良い見た目」という皮を被った嘘を簡単に作ることができる世の中です。それをデザイナー視点の直向きなモノ作りの姿勢だけでは突破ができないと思います。

Recent Stories
考え方

優しくいこうよ、どこまでも

何か言おうとするたびに、文脈を知らない誰かからのツッコミを気にしなければならないって辛いですよね。今まで以上に相手の視点・立場を少しでも知ろうとする想像力が不可欠ではないかと思います。

自分は偏っていると思うことから始めるデザイン

同じような人たちが集まってデザインしていると、たとえ「ユーザーのため」と口にしていたとしても忘れがちな視点があります。

Webデザインにおける『正直』とは

デザインにおける『正直』とは、素材の長所と短所を理解した上で、『あるべき姿』を示すこと。Web という素材を活かすことができたとき、他にはない品質を見出すことができるかもしれません。

Popular Stories
調査

感情移入の邪魔をするエンパシーギャップに注意

「自分だったらそんなことはしない」と思ったらエンパシーギャップの可能性があります。デザイナーであれば自分がつくった成果物を過大評価してしまうエンパシーギャップがあります。

ユーザー調査に必要な分析の「はじめの一歩」

決めるためのヒントにユーザー調査にあるデータは参考になりますが、周りが消化しやすいように整理するのは調査する人の仕事です。

ユーザー調査を実施するための地味だけど効果的な取り組み

調査ができる環境を作るのは簡単ではないでし、組織特有の課題があります。勢いを失わないための対策は、常に気になる存在、目に入る状態をどう設計するかにかかっています。

Podcast

Automagic Podcast は、隔週火曜日に更新中。Web やアプリの設計・開発に携わる様々な方と対談をしています。

#281 webを使った問題解決にコミットしたい(須貝美智子さん)

Photo of Yasuhisa

長谷川恭久はコンテンツと利用者体験のデザインをしています

Webサイトやアプリの設計や運用のサポートに携わるデザイナー / コンサルタント。日本各地でデザインに関する様々なトピックを扱った講演やワークショップを行っている。
著書に『Experience Points』『Web Designer 2.0』など。

メール