アイコン

A collection of 2 posts

UI

変わりゆく「保存」の存在

アプリケーションに必ずあるコマンドのひとつに「保存」があります。このメタファーとしてフロッピーディスクが長く採用されています。採用された当時は「フロッピーディスクのアイコンがあるから何かを記録するものだろう。よってこれは保存するという意味だ」と関連づけすることが出来たと思いますが今はその逆で「保存をするには、このアイコンをクリック」という認識になっているかと思います。 フロッピーディスクが姿を消してしばらく経ち、知らない人も多いのにも関わらず、このメタファが使われ続けられているのも、ひとつの理由として、アイコンが意味を示すものではなく、意味を示すためのアイコンになり、広く認知されているからかもしれません。Office 2007やGoogle Docsのような比較的新しいアプリケーションでもフロッピーディスクでも採用されているのも、そのひとつの表れでしょう。 Apple製のアプリケーションだと、少し違うアプローチをとっています。Mail.appでは、下書き保存のアイコンは、紙を少し折り曲げた見た目になっています。送信ボタンが紙飛行機なので、なんとなく分かるメタファーではありますが、アイコンだけでは少し意味が伝わり難いです。 保存アイコンは残り続けているアプリケーションは少なくないですが、姿を消し初めているのも事実。例えばiWorkでは、保存はツールバーにもなければ、アイコンもありません。WordPressのようなウェブアプリケーションも、保存は UI として残っているものの、ツールバーから離れており、アイコンがないシンプルなボタンになっています。 特にウェブアプリケーションにある傾向ですが、そもそも「

アイコン

よりスマートなサムネイルとは

この記事は「ライブアイコンを使った情報の見せ方」の続きにあたります。 クリックしなくても必要な情報のサマリーを見せる「ライブアイコン」。小さなスペースで効率よくかつスピーディに情報にアクセスするためのひとつの見せ方だと思います。アイコンやサムネイルのような小さなグラフィックも今まで以上にスマートな形で利用者に情報を伝える必要があります。iPhone をはじめ、スマートフォンではお気に入りのサイトをホームパネルに保存する機能があります。iPhone だと専用の Favicon が表示されますし、Sony Ericsson の Xperia だとページの見た目がそのまま反映されます。 しかし、いずれの方法でも課題が残されています。iPhone の場合だと静的なアイコンなので何も情報が見れません。Xperia の場合だとサイトの全体像が見れますが、あまりにも小さすぎて何が書いてあるのか分かりませんし、何か変化しても判断しにくいです。iPhone に実装されている Safari と、現在開発中のモバイル版 Firefox のタブナビゲーションも同様です。サイトのそのままが縮小されたサムネイル表示になっています。 ニュースサイトであれば、Favicon の脇に更新数を表示させるといったアプローチも考えられますが、ショッピングサイトであれば、メイン画像が変わっているのがサムネイルやアイコンで分かると便利です。ページの縮小版ではなく、ページ内で重要な部分をクリッピングして、その部分がフォーカスされたサムネイルがあると便利だと思います。 たとえ、