facebook

A collection of 3 posts

facebook

SNSにある自己表現とFacebookが見出した人の欲求

以前 脱テンプレートなFacebookの難しさと関係の変化 という記事で、SNS の構造や仕組みから見た Facebook の独自性を解説しました。今回は SNS と利用者との関わり方を重点において解説します。日本でこれからどうなるか分からないですが、海外では学生からお年寄りまで魅了している Facebook。なぜ彼等は他の SNS ではなく Facebook にハマるのでしょうか。 ハマるといえば、最近ではゲームの要素を盛り込むという話がよく出てきます。私も昨年末に ゲームをテーマにした講演 をしましたし、そこでもゲームの要素を加えることで楽しさを増幅させることが出来ると解説しました。しかし、そうした要素を追加する前にソーシャルアプリやサービスの本質を見極める必要があります。そこの理解をなしにしては、たとえゲーム的な要素を加えたり、最新技術を盛り込んだとしても意味がありません。Facebook と他の SNS のアプローチの違いを知ることで、本質を見つけ出すヒントを得ることができます。 自己表現の MySpace SNS を大手メディアを含め、多くの人に知らしめたのは MySpace です。今は音楽を筆頭にエンターテイメントを全面に押し出した見せ方をしていますが、オープン当初はホームページとSNSを足して2で割ったような存在でした。古風な多重

facebook

脱テンプレートなFacebookの難しさと関係の変化

ネットワークのテンプレート化の終焉 2003年頃から次々にでてきた SNS。Facebookもその一種なのにも関わらず、使い方セミナーや勉強会が各地で開催されています。多機能、複雑というイメージが先行しているのも事実ですし、実際いろいろやることが多いのが Facebook。数多くの SNS がでてきた中、なにが Facebook が違うのでしょうか。 代表的な例として実名で公開しているという点が挙げられることがありますが、それが特に珍しいわけではありません。ビジネスに特化してしまえば LinkedIn も元々そうですし、規則ではなかったにしても他の SNS でも実名を記入することからコミュニケーションを楽しんでいた人たちはいました。 Facebook がなんとなく難しく感じる理由と、実名公開を貫く Facebook の姿勢。一見関係のないふたつのように感じますが、他の SNS との根本的な違いが複雑そうに見えるけど実名公開は OK かもと思える環境を作り出しています。 従来の SNS のあり方。すべての機能がフラットに扱われ組み合わせ方や人との繋がり方が一定。テンプレートなのでどのユーザーが使ってもおなじ。 従来の SNS は、人が関わるであろうと考える繋がり方を開発側が定義しテンプレート化しているのが特徴です。人との繋がり方、

facebook

Facebookグループをはじめました

先週 Twitter でひっそりと告知しましたが、Facebook のほうでグループをはじめました。 Facebook Groups は、その名のとおり特定のグループに対して情報共有がしたいときに便利な機能です。先週新バージョンが発表された Facebook for iPhone もグループにアクセスしやすくなるよう改善されていますね。 今回のグループの開設は、今後考えているコンテンツ展開の一環で始めました。Twitter や mixi といった他のネットワークの情報を連動配信するといった使い方ではなく、このサイトにある Web デザイン関連のコンテンツを繋げ、拡張するために使います。最終的には Facebook で Fan Page を開設しようと思っており、そちらの準備を進めているのですが、まずはグループという実験場でどう配信できるかを模索しようと考えています。グループがラボ (β) で、後に公開される Fan Page により固まったアイデアで配信するといったところでしょうか。 グループでは以下のような内容が配信されます。 このサイトの記事配信 記事には掲載されていない補足情報や、ちょっとした解説文をコメントとして付けていきます 没ネタ配信