javascript

A collection of 2 posts

javascript

SVGでプロトタイプを作って学んだこと

会話のような勉強会 5月20日 SVG 勉強会 という小さな集まりに参加しました。株式会社まぼろしのデザイナーで、ポッドキャストにも出演していただいたこともある松田直樹さん(@readymadegogo)主催のイベント。勉強会という名だけあって、参加者全員が SVG のネタを持ち寄って、実装から可能性の模索まで様々な話題が挙がりました。 講師/生徒のような関係が生まれやすいセミナーのような場だと、どうしてもコミュニケーションが一方通行になりがちですし、参加側も受け身姿勢になってしまいます。 SVG に関する質問でもいいから、とにかく発表するという条件を設けることで、発表内容を聞きに行くという考えが薄れ、個々の積極性が増したと思います。発表者が話している最中もお構いなしに参加者が質問をするなど、会話をしているような発表時間はとても良いと思いました。 データを操作できる魅力を体感 勉強会では、SVG でプロトタイプを作ったときの経験を発表しました。プロトタイプツールは食わず嫌いでいろいろ試していますが、コードでコントロールできるのが魅力である SVG に何か可能性があるかもしれないと思ったのがキッカケです。d3.js のようなライブラリを使えば jQuery を使うような感覚で見た目や動きだけでなく、簡単なインタラクションも加えることができます。 SVG の書き出しにつかった Sketch ファイルも一緒にソースコードは GitHub

javascript

Ext JSの勉強会に参加してきました

先日、Web Directions East の告知もかねて、Ext JSの勉強会に参加してきました (前回の様子はこちら)。JavaScript ライブラリといえば Prototype や jQuery を利用している方が多いと思いますが、Ext JS はこれらに次ぐ人気 JS ライブラリで利用者も増えているそうです。Ext JS の魅力はデスクトップアプリケーションに似た高い UI 要素を簡単に再現出来る点。小規模なアプリケーションを開発する際やエフェクトをかけたい場合は他のライブラリのほうが長けていますが、大規模なアプリケーションを効率よく構築したいのであれば Ext JS は最適だと言われています。 事例が少ないと言われていますが、社内向けのアプリケーションのライブラリとして利用されているケースが多いとか。何も手を入れなくてもある程度の見た目を確保出来るとはいうものの、いかにも Ext JS っぽい見た目になってしまいます。見た目のカスタマイズで簡単に行える部分は色だけと制限されています。しかし、CSSへの深い知識があれば難しいというわけでもないらしく、CSSが分かる方が Ext JS へコミットしてほしいという声を何名から聞きました。今なら仕事が増えるチャンスかも。