シンプル

A collection of 4 posts

シンプル

目的とインターフェイスの関係で変わるシンプルの意味

先日、帰省した際に母と家電量販店を訪れました。そこで、いろいろな製品を見学したり質問に応えながら雑談していたわけですが、母が興味深い言葉を残していました。 「私とあなたではシンプルの意味合いが違う」 例えば Apple TV は、TVに接続するとパソコンからメディアをストリーミングしてくれるだけでなく、TV番組や映画、YouTube も見れるようになります。録画して残すという考えから、クラウドを利用してオンデマンドでいつでも好きな時間に見るこという考えに変わります。何が出来るのかを理解しているのであれば 1台で様々な役割を果たす Apple TV のようなデバイスは便利でシンプルです。 しかし、1台で何でも出来るということがシンプルにならない場合があります。使い方によって様々なメディア体験ができる Apple TV より、録画・観覧するためのデッキ、ケーブルTVをみるためのチャンネル、ゲームをするためのコンソールなど、目的や機能に応じて明確に分かれていたほうがシンプルと捉える方もいます。用意しなければならない機器が増えて一見複雑に見えますが、「この目的を達成したいなら、これを使えば良い」という使うための手順がシンプルです。目的以外の選択肢がないこともシンプルに繋がっているのでしょう。 1. 様々な選択肢があっても目的が明確にある場合。 2. 入り口はひとつだが目的に応じて操作が違う。 目的を達成するための手順が多様なのも複雑に感じる場合があります。 Aの手順でもBの手順でも構わない、操作は利用者の思う方法で自由にできる・

シンプル

複雑をシンプルにしても駄目な場合

「シンプルがベスト」という言葉はデザイナーでなくてもよく使う言葉です。しかし、すべてをシンプルにしてしまえば良いというわけではありません。シンプルの反意語で「複雑」という言葉があります。しかし、英語の「Simple」の反意語には「Complicate」と「Complex」という2つの言葉があります。いずれの単語も日本語にしてしまうと「複雑」になってしまいますが、使い方が違います。そして、「Complicate」をシンプルにするのと、「Complex」をシンプルにするのは意味が異なります。 「Complicate」は込み入ったものや困難という意味がありますが、「Complex」は幾つかの部品からなる複合体、入り組んだという意味が含まれています。共に複雑に構成されている可能性がありますが、必要なもので作られた複合体(Complex)だとしたら、シンプルにするのは難しいです。つまり、「Complicate」はシンプルにすると良いですが、「Complex」は一概にそうとは言えないということになります。複雑だからシンプルにしたほうが良いというわけではなく、その複雑さがどういった性質のものか判断が必要になります。 Webサイトにおいて複雑化は避けられない道です。これは

シンプル

シンプルの本当の意味は何だろう

「シンプル」はデザイナーがよく使う言葉のひとつ。サイト構築をする際もシンプルにすることを考えることがあると思います。しかし、シンプルという言葉の使い方や捉え方は人によって異なる場合があります。要素や機能が絞られていていたり、色彩の使い方に対してシンプルと呼ぶことがありますが、それだけではありません。また、要素が多いからといって複雑ではなく、シンプルと考えられる場合もあります。シンプルとは視覚だけでは語られませんし、むしろ文脈や内面的なところから生まれてくる価値ではないでしょうか。 例えば mixi をはじめとした SNS には様々な機能や情報がひとつのページに盛り込まれています。見た目は大変複雑ではありますが、毎日使っている方にとっては苦になりませんし、自分がやりたいことを自由に出来れば、そのサイトは「シンプルである」と表現するでしょう。機能が絞られていて、簡単そうにみえる Twitter も複雑 (分かり難い) になることがあります。いきなり「なにしている?」と訊かれても書き出せる方は多くないでしょうし、自由度が高く情報の流れも早いので自分の中で目的を設定しないと疲れてしまう可能性もあります。 シンプルとは、人と製品/サービス/システムとの間で意味のある対話を実現して初めて得れる価値です。ここで言う意味のある対話は視覚的であることもありますし、コンセプトや物理的に感じるものなのかもしれません。人との対話でもそうですが、信頼関係を築くことによって初めて意味のある対話として成り立つと思います。それが製品やシステムになっても同じことです。 信頼を勝ち取る方法はいろいろあると思います。

Laws of Simplicity
シンプル

Laws of Simplicity

MIT Media Lab に所属し、現在 Rhode Island School of Design の学長である John Maeda。 今も日本をはじめ世界各地を飛び回りながらアイデアや作品をブログを通して発表したりしています。そんな彼が 2006年に出版した「The Laws of Simplicity」は、彼の作品のテーマにもなっている『シンプル』をテーマに、デザインやアートだけでなく、人生そのものについても書かれている興味深い本です。シンプルには 10つの『法則』があり、