photo taken by auggie tolosa

もう1年半くらい前からありますが、Bandcampは音楽系のサイトではトップレベルのサイトです。デジタルミュージックを販売するサイトはたくさんありますが、ここは幾つか工夫がなされています。

  • 音楽配信に最適化されたカスタムページ
  • 非圧縮ファイルをアップロードすれば、複数フォーマットに自動変換される
  • ミュージシャンは無料から有料まで自由に設定できる
  • 音楽に反応して動くビジュアライザ付き
  • リスナーが値段を決める形式にも対応
  • 低音質は無料で高音質は有料という分類が可能
  • 豊富な共有オプション
  • どの音楽を最後まで聴いて、どれをスキップしたのか分かるアクセス解析
  • 自分の音楽が何処で話題になっているか分かるリファラ表

ソーシャルメディアを利用するユーザーを意識したデジタルミュージック販売のひとつの形を Bandcamp は提案しているわけですが、デジタルだけでなく CD/レコード販売でもおもしろい試みを始めました。BCWaxは、Bandcamp と連動したレコードレーベル。今この時代に CD やレコードを手にする理由は音楽が聴けるからというより、それが CD やレコードという触感があるメディアだからといえるでしょう。そこに注目して紙質から徹底的にこだわったパッケージングで限定販売するのがコンセプト。

BCWax から発売される Love. Life. Ukulele. のカバーを見れば分かる通りかなり高品質です(もちろん音楽も負けていませんが)。限定品である点。そして、イラストや印刷の質が高いので、物欲をそそる方もいるのではないでしょうか。特にファンであればぜひ欲しい一品です。

以下が BCWax の主な特徴になります。

  • Bandcampがもつ豊富なアクセスデータを基に売れ筋のバンドと共同販売契約
  • 製造コストと利益の一部は Bandcamp へ
  • 音楽の著作権はアーティストのまま
  • 購入したレコードにはデジタルファイルも含む

従来のレコードレーベルの定義とは異なるわけですが、これもひとつの形ではないでしょうか。もちろん、今回のようなアプローチはインディミュージシャンを対象にしているから可能なのかもしれません。音楽業界だけではないですが、今誰もが「このままでは駄目だ」と感じていると思います。何か変化が必要な時期であるからこそ、今までのビジネスモデルや「こうあるべき」という考え方に固辞せず、様々な試みをするべきだと思います。

Web をたくさん利用している方は分かると思いますが、成功モデルなんてないわけです。やらないと分からないことがあまりにも多いのが今だと思います。デジタルミュージック配信の可能性を示しているだけでなく、モノを所有する喜びを提供するために何が出来るかを考え、実行しているという意味で Bandcamp / BCWax は良いインスピレーションになりそうです。