CSS Nite Shift2 2008 の模様撮影: 飯田昌之

先日 CSS Nite のスペシャルイベント Shift2 が、デジタルハリウッド東京本校で開催されました。CSS Nite にはよく講演させていただいているイメージがありますが、実は今回のが今年で最初で最後でした。当初はスピーカーとして参加する予定ではなかったのですが、20分の講演をさせていただきました。今回は「reset.css: 不況が生み出す新たなウェブの可能性」で不況とイノベーションの関係について話をしました。

元々コードを表記するなど、今すぐ使える Tips について語ることが少ないですが、今回が今までの中で最もウェブデザインから遠ざかったところからウェブデザインの仕事について語ったプレゼンだったと思います。実践的な話が多い CSS Nite で、実践的ではない話をするのはチャレンジでしたし、僕としても今までとは違った切り口で話したという意味でもチャレンジでした。「不況」は毎日の仕事に直接関係ないかもしれませんが、今までのようにはいかないと気付かされる瞬間は度々出てくると思います。ウェブデザインの仕事を次のステージへもっていくためのヒントになっていれば幸いです。

プレゼンと一言でいってもいろいろな種類があると思います。技術関連のセミナーだと「役にたった」「知識が付いた」というのが評価の対象になるケースが多いと思います。その点はもちろん重要ではありますが、それだけではなく「インスピレーションになった」という部分も重要なのではないかと感じています。同イベントでスピーカーをされていた原さんのはその辺のバランスが絶妙だったと思います。インスピレーションになったかどうかは、来場された方の評価に任せますが、今後もそういったプレゼンをしていきたいですし、いろいろなフォーマットを模索して行きたいですね。

ちなみにプレゼンのタイトルに入っている『reset.css』とは、仕事を見つめ直すという意味でのリセットという意味があります。また、CSS は今後のキーワードになる「Customize」「Small」「Simple」の頭文字をとっています。

スライドは無料でCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1 日本というライセンスで公開されています。リンク付きの PDF なので関連サイトなどじっくり見たい方はぜひどうぞ。

shift2_economy.pdf (PDF形式 33.47MB) Creative Commons License