スクリーンショット

最近新たに私のワークフローに加わったアプリといえば、Byword です。

Byword のような、UI を極力省いたシンプルなテキストエディタは珍しくありませんが、マルチデバイス対応で Markdown が利用できるエディタはそう多くはありません。

テキストのように書きながらも、HTML に書き出すことができる Markdown。ショートカットひとつで HTML のプレビューを表示してくれるだけでなく、マークアップを生成・コピーもできます。ブログの下書きは Markdown で書いて、あとでシステムにコピペするといった流れにしています。Byword で作ったファイルは、iCloud に置いてあるので、そのとき使えるデバイスをつかって文章を書いています。

元々メモは Evernote を利用していましたが、シンプルテキストとリッチテキストのコントロールが難しい点や、パフォーマンスの面で不満を感じていました。それに比べ Byword は、基本シンプルテキストですし、機能がない分、迅速に動作します。これは、デスクトップだけでなくモバイル版にも同様のことがいえます。

Byword を利用し続けるキッカケになったのが、TextExpander Touch と連携している点。パソコンのキーワードによる文字入力に比べると、スマートフォンやタブレットでの入力は遅くなりがち。そこで、TextExpander のようにショートワードでサッと入力できるアプリが便利なわけですが、わざわざ文字入力するために TextExpander Touch を開くのは不便です。

実は TextExpander の SDK を利用したアプリが複数存在しており、Byword もそのひとつ。TextExpander touch をインストールしておけば、起動しなくても TextExpander で設定したショートワードを Byword で活用することができます。デスクトップ版 TextExpander 4 からサポートしているフォーム機能はモバイルでは利用できませんが、シンプルなショートワードはすべて使えます。私の場合、Markdown のショートワードを幾つか用意してあり、重宝しています。

TextExpander 設定画面TextExpander の同期場所を Dropbox に変更しておけば、マルチデバイスで同じ設定が使えます。

Byword は有料アプリですし、マルチデバイス環境を整えるには、デスクトップ版とモバイル版の両方を買う必要があります。少しコストはかかりますが、快適なテキスト入力環境を築きたい人にとって Byword は良い選択肢になるはずです。