先月に引き続き、百式の田口さんが主催の勉強会に参加してきました。今回はエンジニアの方、アニメーター、企画やプロデュースをしている方など10人くらいが集まりました。ベンチャーキャピタル (VC) の方に基本的なことを教えていただいたり、質問や疑問に応えていただくという形式で、前回より勉強会の色が濃かった集まりでした。

短い時間ではありましたが、VCの特徴やビジョン、そして VC と組むときに気をつけること、逆に VC が投資をするときに気をつけていることなど貴重な話を聞くことが出来ました。「知らない」「分からない」という感覚が「怪しい」や「不安」に繋がってしまうことがあります。これは様々なことにいえることで、今回勉強会に行く前に VC に対して抱いていた感覚も (ほとんどステレオタイプかもしれませんが) そういうところが多少あったと思います。しかし、勉強会と懇親会の後は、逆に共感をもてる業種だなと思いました。

懇親会のときに VC の方に「VCの仕事をする魅力は何ですか?」と聞いてみたところ「世の中を変えることが出来るかもしれないビジネスのお手伝いが出来るところ」と仰っていました。VCも他の業種と一緒でリスクの高い仕事です。その中、未来を見据えて自分たちが信じるビジネスのお手伝いをしていくわけですから、成功すればエキサイティングな感覚を味わうことが出来るのだと思います。携わることが違っていても VC も『おもしろいものを作りたい人』に近いのかもしれません。

前回に引き続き、今回も勉強会の中にメモ代わりに絵を描いてみました。前回は膝の上で描いていたので非常に描き難かったですが、今回は机があったので大変やりやすかったです。集まりの形式によっては机は欲しいなと実感しました。

勉強会のときに描いたスケッチ