ニュース

A collection of 4 posts

ニュース

ジャーナリストを中心とした新しいビジネスモデル

最近イランと政治という話題が Twitter を中心に話題になっています。従来、ジャーナリズムといえば取材した情報に編集を加えて媒体に適した形で配信するという、いわばパッケージングされた情報でした。最近では、まずいちはやく情報を配信して、配信しながらニュースの全体像を徐々に形作るプロセス型のジャーナリズムが登場しました。Twitterだけでなく、Guardian のライブブログはその一例です。ジャーナリストがプロセス中心の情報配信になっただけでなく、従来読者と呼ばれていた方もプロセス型になっており、ニュースサイトにそういった機能を組み込んでいるところもあります。CNNが運営している iReport は、市民ジャーナリスト向けの動画サイト。利用者が動画を共有する別サイトとしてではなく、CNNのコンテンツとして記事ページに掲載されており、TV番組まであります。 断片的な情報が有益な情報になる瞬間 情報の断片をいちはやく配信するという点でいえば、ジャーナリストも一般ユーザーもやっていることは変わりありません。しかし、ここで重要になってくるのが「誰」がどの情報の断片を配信してるかになります。情報の断片は増える一方ですし、情報量が少ないのでどれが本当の情報なのかどうか見極めるのも難しいです。誰が情報を配信しているのか分かるだけでも、その情報に信憑性が出てきます。 私がある報道の実況を書くより、あなたが知っているジャーナリストが実況を書いてくれた方が信頼出来ます。逆にあなたが私のことを知っているかどうかで私のほうが信頼性の高い実況が書ける可能性もありますし、特定の分野であれば書けるという信頼を証明しているので、そこで信頼性を勝ち取ることが出来るかもしれません。同じ文字数のテキストなのに、それが活きた情報に変わるのは、何が書かれているというより、誰が書いているかによって決まるのではないでしょうか。 NY Times

ゲーム

GiantBombが提案するWikiとニュースの良い関係

Wikiはポテンシャルがあるシステムではありますが、あまり好例がないのが現状です。様々な情報をインプット出来るという意味で、特にニュースサイトで使える可能性があると思います。以前「使えそうなニュース特集ページを考えてみました」で、ニュース記事に Wiki を付随することで、専門用語の解説や他のイベントとの関連性を読み取ることが出来るのではと提案したことがあります。Wiki とジャーナリズムが組合わさっている例としてウィキニュースがありますが、最近見つけた GiantBomb はひとつおもしろい試みを行っています。 最近日本でも発売された Fallout 3 に関する紹介ページをご覧になると他のゲームニュースサイトと少し違うのが分かります。ゲームのレビューは GameBomb 編集者によって書かれた記事が大きく掲載されていますが、ゲームの概要はすべて Wiki ベースになっています。ユーザーは ゲーム情報にさらに詳細を書き加えることが出来るだけでなく、独自の攻略ガイド を作って公開することも可能です。ガイドへのコメントもセクションごとに書き込むことが出来るコラボレーションスペースになっています。Wikiの強みと編集側が配信する情報の強みがバランスよく表現されているサイトではないでしょうか。 ゲームだけでなく、こうした趣味の世界は多くの集合知を集めやすいのかもしれません。例えばWikiaは、『趣味の Wikipedia』といえるネットワークサイト。様々な分野の百科事典が存在しており、マニアックな路線ですが、情報コミュニティが確立されています。Star Wars だと

アイデア

使えそうなニュース特集ページを考えてみました

とりあえず良い兆候がみえはじめた南オセチア紛争。グルジアは小さな共和国ではありますが、ワイン発祥の地としても知られており、以前キンズマラウリというワインを購入したこともあって、知っている国ではありました。それ以上のことはあまり知らなかったわけですが、今回の紛争を聞いたときはびっくりしました。 当然のごとくウェブで情報を集めるわけですが、日本のニュースサイトではどうも良い感じにまとまったページというのがありませんね。「特集」というページが設けられていますが、新着順で並んでいるだけですし、概要を知るにも深く知るにも、物足りない感じがします。結局 Google ニュースへ行くこともありますが、すべての記事が平面上に並べられているので、これはこれで不便だったりします。 文句を言うのは簡単なので、いったい何が課題でどうすると (少なくとも) 自分にとって便利な時事関連の特集ページになるのか考えてみました。 ひとつのトピックに関する全体像がみえるダッシュボード たとえ競合サイトでも同じ情報であれば、その場ですぐ見たい 専門用語の解説 大きな写真や動画 位置関係や時系列でニュースを漠然とした形で観覧 特にダッシュボード的な考え方は特集のような「まとめページ」に重要な要素だと思います。ワンクリックしないと情報が見れないのではなく、その場で視覚的にどういうことになっているのか分かるようなページが良いですね。もちろん情報量も適度にする必要はありますが、隠すのではなく覗き見出来るようなアプローチが必要です。特に今回のような国際関連のニュースであれば、場所が何処なのか知りたいですし、遠い国のことなので、写真や動画で様子が見えると理解しやすいです。何人の犠牲者が出たという数も重要ですが、現場にいる人の姿や生の声のほうが数倍のインパクトがあると思います。数ではない、生きている人の姿を見せるのも報道の役割だと思いますし。

アイデア

ニュースサイトと新聞サイト

インターネットの普及をはじめ、メディアの多様性が進んでいるが、我々3社は新聞こそが最も信頼性の高いメディアであり、今後もそうあり続けたい 新s(あらたにす)の記者会見に出て来たことばです。この言葉が Web に対する意識のズレを表していると同時に、これから良くなるかもしれない希望も隠れているような気がします。 「ニュースサイトならではのウィジェットを考える」で書きましたが、新聞の読まれ方とニュースサイトの読まれ方は違いますし、読者との関係も違います。異なる媒体なわけですから当然のことです。媒体がもつ独自の良さを、別媒体に移行したとしても、それはギミックにしかならず、扱っている媒体の良さを最大限に活かしているとはいえません。 ポッドキャストで種村さんと対談したときに、彼が興味深いことを言っていました。 本の魅力を Web へもってくるために、ページをめくるという行為を Flash を使って再現するというのを見かけますが、そういった表面的なものではなく、本には独自の魅力が他にあると思います。 Web という媒体における独自の魅力や使い方については後回しにし、まず表面的な新聞の特徴を Web にもってくることを優先した結果が今の 新s(あらたにす)かもしれません。機能というのものは運営しながら増えて行くので、機能が足りないという点は気になりませんが、もしサイトのコンセプトが「新聞の体験をそのまま Web へ移行する」