wordpress

A collection of 3 posts

wordpress

コンテンツを軸にしてCMSを使おう

WordPress は世界で最も使われているオープンソース CMS に成長しました。日本でも全国各地に散らばるモチベーションの高いサポーターの努力とエネルギーにより、ブログだけではなくサイト構築にも役立つシステムとして有力な選択肢にまでなりました。WordCamp Kobe に続き、今回の Tokyo イベントでもたくさんの方が訪れるのもそれを裏付けています。Webサイトを構築することを仕事にしている方から情報発信のツールとして利用しているブロガーまで様々な背景をもった人たちが東京に集まります。 たくさんの方に支持されている WordPress。皆、WordPress が好きで集まっていると思いますが、好だからこそハマってしまう落とし穴もあります。 それは、WordPress というツールを使って何かを作るということが前提になってしまうということです。 今の WordPress は出来ないことを見つけるのが難しいほどいろいろなことが出来ます。プラグインを組み合わせることで、様々な種類の Web サイトを作ることが可能になりました。WordPress は便利ですが、その便利さが故に考え方も「WordPress 縛り」になることもあります。Webサイトのアイデアを考えるときも「WordPressだとこう作れるな」「この機能を使って何ができるかな」といったふうに、アイデアを機能に当てはめて考えてしまいがちです。 こうした WordPress で作るという行為を前提にしていまうと、最も重要なコンテンツを活かしたサイトが作れない場合がでてきます。

wordpress

今使っている WordPress プラグイン

タグや個別ページもあらかじめ実装されているので、プラグインがなくてもそれなりに良い感じのサイトを作ることが出来る WordPress ですが、それでもやっぱりプラグインがあると便利です。サイトのコンセプトによって今後プラグインを増やしたり PHP を書き込むといった作業が発生すると思いますが、greenhugでも使っているプラグインを紹介したいと思います。 wp-cache WordPress はダイナミックにページを生成するので再構築する手間がないですが、サーバーへの負担が大きくなります。このプラグインでキャッシュページを作り、表示速度を上げています。 Gravatar コメントに自分のカスタムアイコンを表示させることが出来るようになります。Gravatar の登録に関しては lomoさんのエントリーが参考になります。 Chunk Urls for WordPress コメントに書き込まれた長い URL を自動的に短くしてくれます。 Simple Tag 2.3 から実装されたタグ機能ですが、今のところ管理機能がありません。このプラグインを入れておけばタグの管理も多少楽になります。 Disable WPAUTOP <div>を<p>に自動変換したり、

openwebdesign

オープン Web デザインを始めます

去年の暮れから今年の始めにかけて Web デザインへの思いを書いてきました。その思いは「Web という媒体を理解した上でのデザイン」「Web デザインへの理解を深める」の2つの記事に集約されているかもしれません。これからも Web デザインへの興味は薄れることもないでしょうし、これからも続きになるような内容を書いていこうと思いますが、ここでひとつ問題があります。 掲載しているサイトのデザインがコンテンツに耐えられなくなって来ているという問題です。 コンテンツを反映しているサイトへ 長い間、このサイトを読んで下さっている方はご存じだと思いますが、以前のデザインは 3年半前に作ったものです。当時はそれで良かったかもしれませんし、そのときにはあまり見かけなかった情報の配置や見せ方をしていたと思います。しかし、今となっては使い古されたものですし、機能面や使いやすさは貧弱としか言いようがなかったといえます。 5年前に自前でブログシステムを構築し、徐々にコードを調整したり機能を追加してきました(実は非公開でタグもサポートしていました)。デザインを一新したいという思いは常にありました。学生のときは年に3回リニューアルしていたくらいなので、リニューアル癖というのは身体に残っていたものの、システムを構築しつつデザインを考えるのは少々大変な作業だったといえます。特に情報をいちはやく発信しつつ、環境を保持しながら機能を加えて行くのはひとりの人間では難しいですね(仕事もありますし)。本当はシステムも構築したいですが、それを作りあげるために後押しになり、コンテンツを台無しにするのはもったいないと感じました。 そこで、システム部分はすでにある優秀なものを利用し、デザインに集中しようと決心しました。それが今回の