Firefox 上で動作するワイヤーフレームツール Pencil をはじめ、無料でしかも便利なツールが増えてきました。紙とペンでワイヤーフレームを描くのは基本ですが、より本物に近いプロトタイプを作るのであればソフトウェアを使うのが最適です。以前紹介した「プロトタイピングの基礎の基礎」も併用に読んで今回紹介するツールの中から自分に合ったツールを探してみてはいかがでしょうか。

DIA: a drawing program
UMLダイアグラムに特化していますが、ワイヤーフレームも作れます。基本的にデータは XML で保存されますが、EPS, SVG, PNG といった別形式にも書き出せます
DENIM
タブレットで操作すると快適そうなプロタイピングツール。サイト内をどのように移動するかを確認するには使えそうです
OpenOffice: Draw
OpenOffice にある Draw というスケッチをするためのプログラムは、ダイアグラムやワイヤーフレームを描くのに最適です。swf 形式に書き出せる機能も付いていたりします
CmapTools
コンセプトマップというマインドマップにも似たダイアグラムを作るのに特化していますが、ワイヤーフレームやプロトタイピングにも使えます。サーバー経由で共同作業も出来るのが魅力
Gliffy
ダイアグラムが描ける Web サービスは幾つかありますが、中でも Gliffy は優秀です。ユーザーインターフェイス系のパレットも用意されているのですぐ使えそうです
Compendium
ダイアグラム制作ツール。データの埋め込みも出来ますし、こちらも CMapTools と同様、共同作業が出来ます
Serena Prototype Composer
以前は有料でしたが今は無料で配布されています。サイトマップからフレームワークといった制作向けの機能から、要件チェックといった管理系のものまで様々な機能が統合されています