テクノロジー

A collection of 14 posts

テクノロジー

激変するテクノロジーとの正しい付き合い方

過渡期はない 「過渡期」という言葉は、今の世界には合わないのではないかと思います。 新しいテクノロジーが出る度に、人は「今は過渡期だから大変」「過渡期だから様子見」と口にします。Webの世界は毎年目まぐるしいスピードで新しいテクノロジーやトレンドが登場することから、毎年こうした言葉を耳にします。私が「過渡期」という言葉が好きになれないのは、私たちは常に変化の中にいるという事実を見ていない、消極的な表現に聞こえてしまうからです。 CSS Nite in FUKUI で、予測不可能な世界でデザインをすることの意味を話しました。上の図は、そのときに紹介した技術開発の進展と製品性能の成長を表した「Sカーブ」です。ひと昔は、Sカーブはゆるやかで、サイクルも10年〜20年くらいの長いものでした。しかし、今は複数のSカーブが重なり合っているだけでなく、サイクルも1年と短い場合もあります。 常に過渡期と感じてしまうのは、S字カーブの後期にあるはずだった安定期がなくなり、常に新しい技術によるイノベーションが起こっているからかもしれません。 つまり、過渡期だから様子見していても、安定期は来ないまま新たな変化が生まれるだけですし、ひとつのテクノロジーに固辞することで、次の変化に適応するためのコストが高くなることもあります。 「これだから Web は大変」

インターネット

流動し続ける時代におけるWebとの付き合い方

2012年2月18日、CSS Nite in FUKUIが開催されました。今回は「予測不可能な世界でWebデザインをしよう」と題して、今後のWebに必要とされる価値と制作のためのアプローチについて話をしました。2年前は聞いたことなかったようなサービスやデバイスが、あっという間に大企業に成長したり、広く普及する時代。先がどうなるか分からない中、私たちは今何ができるのでしょうか。 テクノロジーで変化する人の価値観 価値観は、どのようなテクノロジーと共に暮らしているかで決まる部分があります。「本を読む」にしても、紙媒体の書籍だけ想像する人もいれば、ケータイや電子書籍を想像する人もいます。「TVを見る」にしても、HDDレコーダーをつかって観覧している人と Apple TV を使っている人では番組を見る行為が異なります。 紙の雑誌は、動かないiPad・・・それを当たり前と感じる世代が2年前に突然現れたわけです。 テクノロジーが物事の捉え方に大きな影響を与えているわけですが、近年テクノロジーの進化のスピードが急激に高まったことで、たった2年違いでも価値観がまったく違うという世の中になってきました。2年というわずかな時間でテクノロジーは大きく進化するわけですが、そこでテクノロジーの関わり方を変える人とそうでない人では明らかに違いがあります。 Webへアクセス出来るテクノロジーやサービスが増えているということは、その数だけ様々な価値観をもった人たちが存在するといっても過言ではありません。今後 Web へアクセスできる機会が増えるのは分かるものの、どのようなテクロジーが普及し、そこからどのような価値観が生まれるのかは予測不可能です。こうして考えているうちにも変化し続ける中、人に価値を提供しなければいけないわけです。

テクノロジー

Siriから始まる未来のコミュニケーションデザイン

自然言語とセマンティックデータの間で Siri をフィーチャーした Apple の CM iPhone 4S に実装されている人工知能アシスタント「Siri」。まだ英語しか対応されていないものの、キーボード、マウス、ジェスチャーに続く第四のインプットとして大きな力を発揮するのではないかと考えています。 Siri を活用しはじめて以来、天気や目覚ましの設定など今までアプリや Web サイトから行わなければならなかった作業が、あっと言う間に完了するようになりました。今までキーボードやジェスチャーを必要とした作業が声によって入れ替わることを実体験すると、インプットの未来を感じざるおえません。もちろん、従来のインプット方法(特にジェスチャー)がなくなることはないものの、声に入れ替わることは少なくないはずです。 以下は予測される Siri と利用者によるおおまかなやりとり。 1. 自然言語で Siri にコマンドを送る。2. 自然言語からキーワードを拾い、Web やデバイスに蓄積されているデータを検索する。 3. 取得したデータを文脈に応じて整形し、利用者に届ける。 Siri 以前から音声入力、音声コマンドでコンピュータを操作する方法はありましたが、

インターネット

WCAN 2009 Winter で紹介したサイト一覧

12月19日、名古屋で開催された WCAN 2009 Winter では、今年を象徴するサイト、制作においてインスピレーションになるサイト、そして来年の行方を想像させてくれるようなサイトを紹介しました。合計70サイトを駆け足で紹介したので、会場にいる方は少々混乱してしまったかもしれません。以下のリストを参考に今後の勉強に役立ててください。 Windows 7 UX Guideline Introduction to Apple Human Interface Guidelines 日本語版 OS X Reference Library iPhones Human Interface Guidelines Android UI Guidelines Chrome OS UX Guidelines One Laptop per Child (OLPC) litl

テクノロジー

メールがこれからも残り続ける理由

Google Waveは、Web上でのコラボレーションをより効率的に行うための新しいツールになる可能性があります。今までメールでやりとりでしてきたことを Google Wave で代替することで、情報のズレや漏れを防ぐことが出来るかもしれません。Google Wave 以前からも「メールは時代に合っていない。新しい形が必要だ」と言われていましたが、依然メールは仕事においてよく使うコミュニケーションツールですし、様々なデータが添付されてくることがあります。 新しいツールを使わない(使われない)理由として Web リテラシーを挙げる場合がありますが、これも一概にいえません。RSS や Gmail を使いこなしている Web に詳しい方でもファイルはメール添付で送ってくる方がいます。「Dropbox とか便利ですよ」とサービスを紹介してもメールで添付してくる方もいます。その方は Web を基軸にした仕事をしていますし、様々なことに興味をもっていますが、メールから離れることが出来ません。なぜかといえば、メールで「ファイルを手軽に送りたい」という利用者のニーズが満たされているからではないでしょうか。 技術的な隔たりがないメール メールの素晴らしい点は、オープンスタンダードであることです。誰でも自由にメールアプリケーションを作ることが出来ますし、

UI

10/GUIとマルチタッチインターフェイスの可能性

マウスとキーボードを使って GUI に表示されている情報を操作するという手法は 30 年以上採用され続けています。多くの方が慣れ親しんでいる方法とはいえ直感的に使えるわけではありませんし、複雑な操作をマウスだけで行うのは難しいです。今の時代に合ったマウスに代わる次世代の操作を模索している動きは以前からありますが、10/GUI はその中でも出来が素晴らしいです。Techcrunchをはじめ幾つかのサイトで紹介されているので、既にご覧になった方もいるかと思います。 次はタッチスクリーンと考えがちですが、手が邪魔でスクリーンが見えなくなるという問題があります。これを解決した例としてデバイスの裏からタッチする Nano touch というのがありますが、小さなデバイスに限られた手法です。10/GUI はタッチパッド上で操作するという実に無難な解決方法を選んでいますが、一緒に紹介されているインターフェイスと操作方法が絶妙で新たな可能性を感じさせてくれます。 幾つかのウィンドウが横並びに配置されており、アプリケーションの変更も左右にスワイプしたり、拡大・縮小をして全体像を見渡せるようになっています。Mac にもある Expose と Spaces が合体してジェスチャーに最適化されたような感じがします。メニューの扱い方など使い勝手が違いますが、ウィンドウを隙間なく並べて管理するアプリケーションは X Window System (X11) で既に幾つかあり、wmiiやawesomeがその例にあたります。 ジェスチャー操作が簡単そうですが、ひとつ疑問なのが文字入力など操作はどのようにするかという点です。

テクノロジー

Datamoshingによるミックス映像

Kanye Westは、毎回おもしろいミュージックビデオをリリースしていますが、「Welcome To Heartbreak」のビデオはテクノロジーの側面からみて非常におもしろい作品です。様々なシーンがひとつになった独特な映像は「Datamoshing」と呼ばれる技法。色や動きの情報の扱い方はコーデックによって異なり、データを編集することで、ミュージックビデオのようなエフェクトが作れるそうです。例えば Hex Editorのようなソフトを使って生データを開き、指定のコードを『壊す』ことでエフェクトが作れます。 Datamoshingは、David O’ReillyとTakashi Murataによって開拓された表現方法。Takashi Miura の作品は こちらのページで見ることが出来ます。 ミュージックビデオとして Datamoshing を採用したのは Kanye West より Chairlift の「Evident Utensil」のほうが先かもしれません。 一見、データエラーのように見えますが、独特の世界を作り出している datamoshing。

テクノロジー

紙を使う理由 デジタルである理由

手元からいつでも情報へアクセスしたり、コンテンツを消費出来る世の中になっているとはいえ、私たちは紙を使い続けています。紙を使う理由は何でしょうか? 紙を使う理由のなかに、感情的な部分も少なからずあると思いますが、他にもあると思います。理由を考えるにおいて、ガジェットによる情報のやりとりと、紙を使った情報のやりとりの違いを把握することが重要になります。 デジタルメディアと紙媒体の違いは「消費」と「インタラクション」の2点。 紙はそれぞれスペースが制限されているとはいえ、簡単に持ち運びも出来ますし、使い捨てや再利用もしやすいです。しかも、紙を持った瞬間からそこに書き込まれている情報にアクセス出来ますし、何か情報を書き込みたいと思えばすぐに出来ます。それに対し、ガジェットの場合はガジェットそのものは、だんだん持ち運びがしやすくなってきているものの、いつでも何処でも使える(代用出来る)ものでもありませんし、柔軟性に長けているわけではありません。しかし、そこに表示されるコンテンツの量は膨大で、使い回しや上書き・編集も出来ます。ガジェットへのインプットも簡単になってきているとはいえ、アプリケーションを使うことが前提になりますし、自由度は紙の足下にも及びません。 Kindleのように本の代わりになるようなデバイスも 10年くらい前から幾つか出てきているものの定着はしていません。Kindleが目指すところは共感出来るのですが、まだ紙媒体の本の代わりになるとはいえないですね。eペーパー周辺の技術は発展し続けていますし、解像度もよくなっています。曲げることが出来る超薄型ディスプレイもあるわけですから、より紙に近いデバイスを利用してデジタルメディアを消費する日は近いでしょう。

テクノロジー

デスクトップを超えたOS: itsme

デスクトップのメタファを使ったファイルシステムが不適切な状態になってきていると言われて久しいですが、現状は変わることなく使われています。個人的に Mac OSX は未だに従来のメタファを使っているものの、徐々にそこから離れているイメージがあります。必要な気がしても「これ!」というものに出会っていませんが、この難しい課題に挑戦しているのが、イタリアの itsme というプロジェクト。2010年のリリースを目指して Linux ベースのまったく新しい OS を開発しているそうです。 このプロジェクトが興味深いのが、機能ではなく人にフォーカスしてどのようなシステムが必要か模索している点。人の生活は様々なストーリーが密接に絡み合っており、それぞれのストーリーには現場 (venue / 場所・意見・立場) が存在すると仮説。人の体験や状態に応じて柔軟なメタファが必要であると説いています。我々が能動的にアクションを起こすのではなく、状況に応じて適切な情報が表示されるようなイメージです。 複雑化する情報をどのように整理して円滑にするかという課題は先日のセミナーでも話しました。情報が我々をコントロールするのではなく、我々が情報をコントロール出来る立場になるためにも、ただ単にツールを使うだけでは不十分です。今のようにいろいろ工夫してがんばるのではなく、システムそのものが複雑な情報社会を管理するための補助が出来れば良いですね。 現在、itsme ではスクリーンショットなど具体的に内容が分かるものがなく、どのような解決策を見出すのか不透明です。ただ、OSだけでなくハードウェアまで開発するみたいですし、Vista

インターネット

メディアの消費の仕方の進化

テクノロジーの発展により人々は多くのメディアを消費出来るようになってきました。グーテンベルクが活版印刷技術を発明することで、多くの人々が文字にアクセス出来るようになった 15世紀から、テクノロジーがメディアの流通に大きな役割を果たしてきたといえると思います。 より個人的な体験へ 文字、映像、音声と様々なメディア媒体がありますが、共通しているのが、テクノロジーが発展していくにつれて徐々にパーソナルな体験へ移行しているという点です。書籍も昔は値段が高く数も少なかったので、ひとつの本を共有して読書していましたが、今はひとりで何冊も持っており、いつでも何処でも本を持ち出して読むことが出来ます。 テレビにしてもそうですね。 最初はひとつのテレビに家族が集まって視聴していましたが、テレビも安値で小型のものが登場するようになり、ひとつの部屋に1台テレビになるほど普及しました。そして今は携帯機器にテレビが実装されているので、書籍と同じように場所を選ぶことなくメディアを楽しめるようになりました。 つまり、今のメディア / コンテンツの楽しみ方というのは個人的な体験になってきているということです。ひとつのコンテンツに向き合っているのは 1人だけという 1:1 の関係になっています。日常生活ではこうした個人的な体験が多くなってきているので、映画館みたいな大人数で同じ空間を共有しながら同じコンテンツをみる場が新鮮に感じることがあります。テクノロジーが多くの方にメディアを流通させたと同時に、より個人的なものになりました。 ウェブが逆転させた体験 テレビも今や個人的な体験のデバイスと呼べるようになってきましたが、パソコンや携帯電話は最初から個人的にメディアを消費するためのデバイスです。個人的な体験という意味では、場所や時間を選ばない携帯電話は究極の形といっても良いかもしれません。では、パソコンはテレビの進化版で、携帯電話はテレビのモバイル版といったらそうではありません。物理的な体験は似ていますが、そこで得ている体験はテレビをはじめ従来のメディアとは対極の場に存在するデバイスだと思います。 その理由はパソコンや携帯電話はウェブへ繋がっているという点です。

ソフトウェア

あなたを進化させたツールは何ですか?

テクノロジーは常に進化し続けていますが、それと同時に使っている我々も進化し続けています。何か新しいテクノロジーに触れることによって自分の仕事の仕方やライフスタイルを向上させてくれることもあります。また、人のライフスタイルの変化に応じてテクノロジーも進化していることもあります。つまり、お互いが影響し合いながら進化し続けているといっても良いでしょう。 ここ 5年という短いスパンで見たとしても、めまぐるしいテクノロジーの進化がありました。その進化の中、自分も変わってきたと思います。Webサイトやパソコンという小さな枠でみても影響を受けたテクノロジーは幾つかあるのではないでしょうか。今回は自分が影響を受けたテクノロジーを個人的な視点を含めて紹介したいと思います。 MovableType ええ。このウェブサイトは WordPress ですよ。MT は仕事でもそれほど使う機会がないわけですが、MTの存在がなければ自分で CMS を作って 4 年間もそれを運用することはなかったですし、今ほどプログラミングに関心はなかったと思います。いろいろな人にお会い出来たきっかけを作ったという意味では単なるツール以上のものかも del.icio.us ソーシャルブックマークサービス (SBM) の老舗。これを使い始めることでタグのポテンシャルを気付いたといっても過言ではないですね。ブックマークをすることへの敷居が減りましたし、Google ではなく SBM で探すという考えのシフトを与えてくれたのもこれです Flickr 写真共有サービス。API や

テクノロジー

これから起こりうる 10 のテクノロジートレンド

シリコンバレーにあるビジネス&テクノロジーフォーラム Churchill Club。会員向けのイベントを年に何度か開催しているみたいで、そこでは実業家, VC, 学者が集まってディスカッションがされています。実はこの存在は最近まで知らなかったわけですが、もう 10年以上の歴史があるみたいですね。イベントの模様は CD もしくは DVD で販売されているみたいですが、最近では Web 上にレポートを書いて公開している人も出てきています。 その Churchill Club で先週「Top Ten Tech Trends Debates」と題して、ここ数ヶ月から1年のトレンドに関するディスカッションが行われたみたいです (VentureBeat のレポート)。パネリストになっている 5人の方はいずれも VC で、ネットだけに留まらず広範囲でしかも作り手の視点とは違った視点でトレンドをみていて興味深いです。来場者の反応をみながらトレンドが話されたみたいですね。今回はディスカッションで挙った 10 のトレンドをリストアップ。詳細はこちらの記事を参照してください。

テクノロジー

2020年のヒューマンインタラクション

コンピュータと人間の関わりはここ10年で急激に変わってきています。10年前は1人に対しパソコンという 1台のコンピュータがあるだけでしたが、今はそれだけでなく携帯電話をはじめとした小さなコンピュータを 2,3台持つようになっています。そしてこれからはさらに多くのコンピュータを1人の人間が扱う社会になると言われています。 その一例がもうすぐお目見えする Microsoft のSurface でしょう。携帯電話を置くだけで、自分に関連した情報とインタラクションすることが可能になります。つまりキオスクのように単に情報が一方的に流れているコンピュータでなく、いつでも何処でもどのデバイスでも簡単なインプット(Surfaceでは携帯電話を置くだけ)で自分のデータにアクセス出来るようになるわけです。ときにはWebと接続されたコンピュータの可能性もあるので、写真屋にあるデジタルプリントのキオスクも将来的には Flickr や Picasa から直接プリントなんて可能性も出てくるでしょう。 将来は「インターフェイス」と「ユーザー」を別けて考えるのが難しくなるくらい、お互いの関係が近く複雑になってくるのではないかと言われています。BBC News の記事「Computers to merge with humans」はそれを予感させる内容です。2020年にはコンピュータと人間を取り巻く社会は今と大きく異なると言われています。 Surface を開発したマイクロソフトが HCI

テクノロジー

無線メッシュ・ネットワークの可能性

無線メッシュ・ネットワークは相互に無線接続することを可能にする技術で、電波の強度などに応じて接続ポイントを自動的に変えて最適な経路でネット接続が出来ます。無線メッシュ・ネットワークは数年前からあるので知っている方も多いと思いますが、最近再び注目を集めている印象があります。 One Laptop Per Child (OLPC)は、無線メッシュ・ネットワークを利用してネット接続するデバイスで、有線回線が1つしかなくても誰でもネットワークに繋がることが出来るようになっています。少し違いますが、Apple が Mac OSX に実装している Wireless Distribution System (WDS) も設定をすれば無線メッシュ・ネットワークのような使い方を可能にしています。無線メッシュ・ネットワークの長所は幾つかあります。 低コストもしくは無料でネット接続が可能になるほぼ無制限にネットワークを広げることが出来る高い拡張性利用しているアクセスポイントが失ってもすぐに別のポイントからアクセス出来る柔軟性 OLPCを例に出すと、今はまだネット接続出来る環境が少ない国や地域を対象にしているような気がしますが、無線メッシュ・ネットワークは公共サービスの向上に役に立ちそうな技術だと思います。 Motorola の Wireless Broadband Mesh Network に幾つかケーススタディがありますが、ロサンゼルスをはじめとした幾つかの街に設置されている監視カメラは、無線メッシュ・