A collection of 16 posts

デザイン

おすすめデザイン入門書8選(洋書編)

予習として洋書はいかがですか? 前回おすすめデザイン入門書を 10 冊紹介しました。どれも自信をもって紹介できる書籍ですが、選書しているときに訳本がない書籍を幾つか見つけました。私の場合、読んでいる本の半分以上は洋書なので、翻訳されていないものは渋々リストから外すことになりました。 そこで今回は、2016年2月現在、訳本が出版されていない洋書を 8 冊紹介します。前回と同様、Web やアプリに特化したものではなく、デジタルプロダクトに携わるデザイナーに向いている書籍です。いずれ翻訳される可能性があるので、そのときに備えてメモ程度に見ていくと良いかもしれません。 UI is Communication UI デザインは利用者体験を考える上で、ほんの一部でしかありませんが、視覚的に表現されることから体験に大きな影響を及ぼします。UI デザインから利用者のこと、体験のことを掘り下げていく際、この書籍は良いスタート地点になるはずです。章ごとにエクササイズがあり、学んだことを基に手を動かせるような構成になっています。 考え方の紹介だけでなく、多くの事例が紹介されているのも魅力。UI デザインをテーマにした漫画も幾つか掲載されていて、文書が苦手でも漫画を通して UI に関わる課題を学ぶことができます。 Sketching User Experiences UX

デザイン

おすすめデザイン入門書10選

たまには本もいかがですか? セミナーやワークショップのあとに質問を受けることがありますが、「おすすめの書籍はありますか?」と聞かれることがあります。 Web には膨大な情報がありますし、英語まで手を広げると研究者による文献にもアクセスすることができます。しかし、ある特定のトピックを要所を落とさず学びたいときは書籍が便利です。 目まぐるしく状況が変わるだけでなく、デザイナーとして知っておくべき領域も広い今日のデザイン。ソフトウェアの使い方を覚えることも重要ですが、作るための考え方や伝えた方を学ぶことに多くの時間を費やしたほうが良いでしょう。自分のデザインの意図が説明できて、ようやく同僚やクライアントにデザインを理解してもらえるからです。 今回は、デザイナーとして読んでおきたいオススメの入門書を紹介。Web やアプリに特化したものではなく、デジタルプロダクトに携わるデザイナーに向いている書籍を選びました。すべて日本語で読むことができるものばかりです。デザインを広義で捉えた書籍もあるので、自分の視野を広げるのに役立つかもしれません。 誰のためのデザイン? 定番中の定番ですが、読んで損はない書籍のひとつ。昨年、改訂版が出たので改めて読み返した人もいるのではないでしょうか。4年以上前になりますが、 Automagic Book Club と称して、ブッククラブを幾つかのソーシャルメディアをつかって実施していました。そのときに扱った書籍がこちらで、読者からみた「誰のためのデザイン」観が共有できて非常に興味深かったです。 昔から実践しなければデザインは変わらないということに気づかされる書籍です。デザインを科学的、認知心理学的な視点から見るための入門書。 デザイニング・インターフェース 見た目は大事ですが、

Iconic : A Photographic Tribute to Apple Innovation
apple

Iconic : A Photographic Tribute to Apple Innovation

イノベーションを『誰よりも先にすること』と捉えられることがありますが、それだけではないと思います。実際、アップルが誰よりも先に製品化、サービス化したものはごくわずかです。iPod が出る前に HDD 内蔵の MP3 プレーヤーはありましたし、マルチタッチスクリーンも消費者向けではありませんでしたが、既に存在していました。アップルの魅力は、機能や仕様に捕われない、今やるべきこと、未来にできることを考慮してデザインしているところだと思います。 ハードウェア、ソフトウェア、サービスを、他にはできない連携を実現することで独自の価値観を生み出しているアップル。いずれかを抜き出して語るのは、アップルのほんの一部を語るに過ぎないかもしれませんが、それをあえて実践し、魅力を最大限に引き出している本が「Iconic : A Photographic

ほんとに使える「ユーザビリティ」
ユーザビリティ

ほんとに使える「ユーザビリティ」

エリック・ライス氏が 2012 年に刊行した「Usable Usability」の訳書です。 この種類の専門書は原書で読むことが多いので、久しぶりの訳書になりました。訳書の魅力は、日本語で読めるのはもちろん、原作者の住んでいる国の文化やニュアンスを理解していないと、伝わり難い部分を補っているところです。世界中を飛び回っているライス氏なので、世界のユーザビリティに興味をもつ読者に向けて執筆しているはずです。しかし、それでも『日本から』という視点では見え難いこと、分かり難いことは少なくありません。そこを、訳者 浅野紀予 さんは工夫されているなと思いました。 ※ 本書では、ユーザビリティは「使いやすさ」と「優美さと明快さ」という2

電子書籍「エクスペリエンス ポイント」発売

先週告知しましたが、電子書籍「エクスペリエンス ポイント」が本日発売になりました。以下のストアで購入することができます(ストアの製品ページへの直リンクです)。 パブー kobo Amazon Kindle Gumroad 書籍制作にあたり 以前から、このサイトの運営において 2 つの課題がありました。ひとつは、マネタイズの方法です。幾つかの広告ネットワークからのお誘いをいただいたことがありましたが、コンテンツより優先させる形で広告を掲載しなければならなことに納得できませんでした。また、ページビューが基になっている広告モデルだと、ページビューを重視してしまい、コンテンツの質やクリエイティブにも影響するかもしれないという懸念もありました。そこで、広告以外の方法を模索していたのですが、決定打が見つからない状態でした。 もうひとつの課題は、読者の視覚化です。 Google Analytics のようなツールを使えば、マスとしての読者は把握できるものの、彼等がどのようなことを考え、何を求めているのかが分かりません。そして何よりも、その読者がロイアリティのあるのかどうかが分かりません。 Facebook ページを作れば良いじゃないかという意見もあるかもしれませんが、何をもって Like しているのかが分からないですし、キャンペーン化してしまうと、

9月10日に電子書籍を出します

随分長い間、本を出していませんでしたが、来週「エクスペリエンス ポイント」とう電子書籍を出版します。このサイトで長年取り上げてきた体験に関わるコラムを編集してひとつにまとめたものです。UX の本というよりかは、Webをはじめとしたテクノロジーを通した体験について探求した書籍という位置づけです。体験に関わる論点が集まっている、経験値として活かす・・・みたいなメッセージをタイトルにこめました。 UX という考え方や、そこから発展するメソドロジーを学習するのも重要ですが、私は早期から UX というより、人の体験についてに深い興味をもちました。Web に特化した文献やコラムが少ないこともあり、体系化するまで随分時間がかかりましたが、一旦まとめるには良い時期に来たので電子書籍にすることにしました。書籍を通して、Web と体験について一緒に旅が出来たらと考えています。 本書は、出版社を通していないインディー出版になります。自由に販売経路を決めることが出来るのと、ニッチなトピックでも気にしなくても良いので、この形にしました。もう少し具体的な制作話は発売後に解説しますが、少し変わった方法をとっています。ファイル形式は .epub と .mobi で、特定のストアから購入しない限り、DRM はありません。1冊買って、同僚に電子書籍をメールで送ることもできます。

UX

第二回Book Clubで議論された体験とデザイン

今夏から始めているAutomagic Book Club。第二回は「Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る (#abk2)」を課題図書として取り上げました。第一回は私のほうで決めた書籍でしたが、今回は幾つかの書籍から投票で決めました。私自身、この書籍は原書が出た 2008 年当時に既に読んでおり、レビューが掲載されています。今回は和訳を読みましたが、当時感じたことと比較したり、今という時代と比べて UX やアジャイル開発の考え方がどう変わったのかを考えるのに楽しいプロセスになりました。 今回も Twitter と Tumblr を中心に感想や意見のやりとりを行いました。前回に比べると発言数は少なかったものの、自分なりの意見や疑問を投げかけている人が多かった印象がありました。 Twitter 上でのやりとりは、Togetter のほうでまとまっているので、書籍を読もうと考えている方はぜひ参考にしてみてください。 変わりゆく体験とそれに応える開発と 3年前の書籍ですが、全体的なテーマは今に通じるものがありますし、むしろ今議論として熱くなっている部分もあります。スタートアップや Web アプリケーションを開発している人々の間ではアジャイルで小さな改善を繰り返すためのプロセスが確立されつつあります。特に今はソーシャルメディアという利用者と透明化した関係を築きやすくなったという意味では、当時より改善のプロセスが導入しやすくなったといえます。 しかし未だに従来の開発サイクルから抜けきれないシーンも見かけます。

インターネット

本を自由にした Project Gutenberg

Project Gutenberg をご存知ですか? 1971年マイケル・S・ハートによって始まったプロジェクトで、著作権の切れた名作などを無料で公開しています。似たようなプロジェクトは国内外で立ち上がっていますが、これが最も古い電子図書館として知られています。今年の7月でちょうど 40 年になりました。 現在、36,000 冊以上の電子書籍が無料で公開されており、今出回っている電子書籍リーダーほぼすべてに対応しています。ほとんどの電子書籍が HTML かテキストファイルで公開されているので、読めないデバイスはないといっても過言ではありません。数は少ないですが日本語の書籍も幾つかあります。 まるで Wikipedia のように参加型で徐々に電子書籍の数を増やしてきた Project Gutenberg。今なぜこの話題にふれているのかというと、9月6日に創始者のハート氏が他界したからです。享年64歳。 グーテンベルグが15世紀に活版印刷を発明したことによって、一部の富裕層しか触れることができなかった書物が、多くの人へ広まるキッカケをつくりました。今はわずかなお金で買うことが出来、書物は当たり前のような存在です。本の存在を大きく変えたグーテンベルグの名前をとって作られた Project Gutenberg。このプロジェクトは書物ですら届けることが出来なかった人たちへ本(言葉)を届けることを可能にしたという意味で活版印刷に匹敵するインパクトがあると思います。 開設 40 周年を記念して

第1回 Book Club 終了と今回学んだこと

6月下旬にスタートした Automagic Book Club。『誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論(#abk1)』を課題図書として取り上げ、誰でも好きなタイミングで参加できる仕組みを模索しながら進めていきました。7週間という長いスパンで読書をしていきましたが、先週とりあえず日程をすべて終えました。私の Twitterアカウントでも何度か読書感想文を書いていたので気付いていた方もいらっしゃるかと思います。 敷居が低いということで Twitter を中心にやりとりをしていましたが、 Tumblrや日記に残している方もいて表現は様々。読書のやりとりや、興味深い感想はすべて Book Club サイト のほうにまとめてあるので、興味がある方はぜひご覧ください。 また、Twitter でのつぶやきはすべて Togetter のほうでまとめてあります。章が進むにつれて数は減ったものの、638ツイート集まりました。気になった文章を引用している方もいれば、疑問に思うこと、反対意見を書いている人もいました。また、書籍に書かれていることが実世界であるか観察する方も表れたりと、『ツイート』とひとことで言っても表現の幅は実に広かったです。感想が会話に繋がるケースも何度かありました。 Twitter には書いている方の顔しか表れませんが、Favorite や RT

サービス

イマドキの電子出版プラットフォームいろいろ

電子書籍であれば、様々な方法で出版できるようになった現在。日本国内でも Puboo が好調ですし、類似サービスも数多く出揃ってきました。もう出さない理由はないといってもいいくらい、自分のニーズに合わせて電子書籍が出せる状態になってきました。ファイル形式も分裂状態ですし、ソフトウェア UI も発展途上ですが、まずは電子書籍の世界に飛び込むための土台は作られているといえます。 テキストを流し込むと ePub のような比較的汎用性の高いフォーマットに変換・その場で販売というサービスであれば幾つかありますが、他にどのようなサービスがあるのでしょうか。中には独自のネットワークやビジネスモデルをつくっているサービスがあります。また、こうした電子書籍の時代だからこそ紙の書籍を軸にしたサービスもでてきています。 今回は最近注目されている出版プラットフォームを幾つか紹介します。 24Symbols 無料で読める電子書籍プラットフォーム。Webブラウザとアプリで書籍が読めるようになっており、クラウドを活用した読書の同期やコメントの共有といった機能があります。無料版では広告が出るようになっており、月額料金を払うと広告がないシンプルな状態で読書が楽しめるようになっています。出版社・著者は、書籍が読まれることで収益を得ることが出来るようになっています(広告収入や会員費から)。著者向けのツールも幾つか用意されており、どれくらい読まれているのか、何が共有されているのか分かるようになっています。 unbound 書籍版Kickstarter。出版社など仲介者はなし。著者と読者が協力して本を出すのがコンセプトです。Kickstarter と同様、投資額が多ければ、特典が付いてきます。紙の書籍、

Automagic Book Club がはじまります

結構前から「ブッククラブ」やりたいなぁと思っておりまして、運営に便利なシステム(サービス)を立ち上げようと人に持ちかけたことがあるくらいです。日本ではあまり馴染みのないフレーズですが、読書会と言われるケースもありますね。定期的に会って課題として出した書籍について感想や意見を交換する集まりです。もちろん、ブッククラブ自体は新しいアイデアでもなく、UX Book Club Tokyo という集まりもあったりします。最近だと NB Reading がソーシャルメディアと組み合わせて「雑誌を読む」という行為をソーシャル化しています。 今回、Automagic Book Club というブッククラブを始めることにしました。デザイン系、Web/IT系の書籍を一緒に読むことを目的にした Web 上のブッククラブです。北海道にいても、ヨーロッパにいても参加出来ます。顔を合わせて本の話をすることがブッククラブの楽しみですが、Web 上で行うことで「東京にいなければ不利」という雰囲気は多少なくなると思います。〆切までに本を読まなければならないというプレッシャーを可能な限り下げつつ、遅れても参加が出来るような仕組みが欲しいなと考え、Web で実行してみました。 基本的に

Q&A: 「人の特徴」について書かれた書籍があれば教えてください

「人の特徴」について書かれた書籍、紹介していただけるとありがたいです。わたくし、日本語しか読めませんが。 from: withoutsugar 先日開催された CSS Nite LP11で、技術的でもなく、単なる見た目だけでもない新しいデザイン提案を人の特徴に注目して考えてみようというワークショップを行いました。大急ぎで 14 もの特徴を紹介したので飲み込めなかった方もいたかと思います。同時にちょっと興味あると思った方もいるのではないでしょうか。 今回ワークショップで紹介した主な特徴は行動経済学で研究されていることで、このサイトでも何度か紹介しています。基本的なことが知りたいというのであれば、行動経済学の立役者であるダニエル・カーネマン氏の紹介記事 ところで「体験」ってなんですか を参照してください。経済という言葉がはいっているだけあり、ここ数年マーケティングと絡めて話がされることがあります。デザイナーは馴染みがなくてもマーケティングの専門家であればよく耳にする言葉かもしれません。 実は「人の特徴」に関わる書籍は以前も何度か紹介しています。例えば 不合理な人間から導き出すデザイン提案 で紹介した「予想どおりに不合理」はオススメです。この書籍の著者であるDan Arielyさんは今年「The Upside of Irrationality (洋書)

意見

読まなくなった私たちと「読む」の今後

今、書籍を読む人たちはどれくらいいるのでしょうか。学生の頃はたくさん読んでいましたが、今は減ってきています。そもそも書籍を読むということが時にストレスがたまることも少なくありません。はやく要点に辿り着いて欲しいと感じる事もあれば、検索が出来ないのでとても不便と感じることもあります。 お菓子コンテンツが愛される 少ないメッセージやちょっとしたリンクであれば Twitter で十分役割が果たせるので、このサイトでは情報を盛り込んだ読み応えのある文章にするよう心がけています。Web には他にもたくさんの長文と呼ばれる記事はありますが、本のボリュームで考えると数ページの話です。それですら私たちは「あとで読む」とタグ付けをしてブックマークの奥底に放置します。むしろ、長文は読者受けされにくく、ザッピングに最適化されたリストや Tips が多いのが現状です。 このサイトでも長文かリスト形式の Tips にするかでアクセス数が大幅に異なることがあります。 Webだけが、こうした一口サイズのお菓子コンテンツになっているわけではありません。書店へ行っても Web コンテンツを書籍化しただけような Tips 集や、ネタのような新書サイズの本も見かけます。 「Now」な文化の代償 答えを導くためのプロセスを楽しむということが出来なくなってきているかもしれません。 特に Web に見られる傾向ですが、私たちは欲しい情報を今すぐに手に入れたがる傾向にあります。Google でキーワードを書けば1秒以内に情報が手元に届くわけです。検索結果を辿って情報を探すにしても、

アイデア

未来の本はどんなのかな

本には独特の魅力があります。年々買う数は減ってきているものの、所有したいと思わせる魅力のある本はたくさんあります。本を買う機会は減ってきていますが、本の数は常に増えて続けているような気がします。技術書は同じトピックでも幾つか新刊で出ていますし、新書のほうにはブログネタのような題名を幾つか見かけるときがあります。雑誌も同様のことが言えますが。 どれが本にふさわしいかどうかは分かりませんが、このまま作る本を増やし続けるのが本の未来のようには思えません。若い世代になればなるほどスクリーン上で情報を収集したり、長い文章を読む傾向にあります。オンラインで読んだほうが効果的かつ分かりやすい場合も少なくないからでしょう。スクリーン上での文字も良くなってきていますし、Kindle をはじめ電子ブックのためのビジネスモデルも出てきています。 もちろん本がなくなるとは思いません。書籍は何世紀も存在していて愛用されているわけですから、これからも変わらず本は愛される存在でしょう。むしろ、その情報が本である必要があるものがを改めて考えて作ることが重要なのかなと思います。ウェブの特性を理解してウェブサイトを作るように、本の長所と短所を理解して質の高い本を作ることがひとつの未来なのかなと感じています。以下に本の長所と短所をリストアップしてみました。 長所 触感 所有感 持ち運びやすい 長時間じっくり読める 買いやすい 長文は読みやすい 編集されている 短所 検索出来ない ハイパーリンクなし 固定バージョン 流通の限界 直線構造 トピックの固定 長く本と付き合ってきた人間だからこそ、触感や所有感は魅力的な部分ですし、これが本を買う理由になっている場合もあります。そして、この2

Subject to Change
デザイン

Subject to Change

ユーザー・エクスペリエンスをウェブサイト制作で実践している Adaptive Path で働いている方4名が共著した本。The Long Wow をはじめ、サイトで掲載されていたコラムと新たに加わった情報が一冊としてまとまった本という印象ですね。タイトルの「Subject to Change (変更する可能性)」からも分かる通り、変化を予測出来ないほど未来はダイナミックでスピードがあるので、それらに柔軟に対応出来るようにしようというのがテーマでした。 人が求めているより良い体験は、ひとつのプロダクトやサービス単体によって実現出来るものではなく、企業・機関そのものも変化する (デザインされる) ことによって初めて実現出来ることが指摘されています。その中で、顧客調査、デザイン、そしてアジャイル的な技術導入というプロセスが必要であるとされています。機械的に解析して決められたプロセスの中で『

Laws of Simplicity
シンプル

Laws of Simplicity

MIT Media Lab に所属し、現在 Rhode Island School of Design の学長である John Maeda。 今も日本をはじめ世界各地を飛び回りながらアイデアや作品をブログを通して発表したりしています。そんな彼が 2006年に出版した「The Laws of Simplicity」は、彼の作品のテーマにもなっている『シンプル』をテーマに、デザインやアートだけでなく、人生そのものについても書かれている興味深い本です。シンプルには 10つの『法則』があり、